[ TCX Archive ]

2003-2005

ルバーブ日記 ジュン
フェアトレード雑貨とカフェのお店「ルバーブ」のジュンさんによる日記。日々の活動をメールで綴ります。
トランスコミックQ&A プチトマト+ねぎ編 プチトマト+ねぎ
プチトマト:「大量生産、大量消費はなぜいけないか、ということについての質問です。」
TCXを見たプチトマトさんから、ある日質問が来ました。TCXのネギさんが答えます。経済モンダイ一問一答。
アソシエーター・トレーニング 浅輪昌文
必要ではなく投機に根ざしたグローバル経済が世界を席巻している。そして人々の意思とずれた国家が戦争を起こしている。人の活動・生活、その必要から経済を組み替えて行き、その流れを世界につなげて行く(アソシエート)。そのために何を知り、何を考え、どう行動していけばいいか、自らの試行錯誤(トレーニング)を記録して行く連続投稿。要チェック。
反戦ボイコット――苦情と言い訳 TCX
ある日、TCXに匿名のメールが来ました。 「僕も戦争には反対です。でも、あなた方がやっている、戦争を食い止めるためにボイコットを呼び掛ける、という活動は、まったく理解できません。ボイコットでマクドナルドやウインドウズがつぶれたら、困るのはそこで働いている日本人ではないですか?」  ―― さてさて、TCXの回答やいかに?
地方経済とグローバライゼーションと 生井 勲
利潤を追求する資本の運動はエンドレスである。そこからの脱却は不可能に見える。しかし、その最前線では、その限界もまた浮き彫りにされているのだ。
さすらいの知性派仕事師、ナマイ君がフランチャイズ・チェーンに読み込んだ可能性とは?
生井さんの「地方経済とグローバライゼーションと」を推す 浅輪剛博
地方は、第三世界は、どのように発展したらいいのか。こういう問題がある。一方で、外部の資本を呼び込んで大開発をする、という考えがある。たとえば、コンビナート、リゾートとか(のバブリーな企画)。しかし、多くの場合、それは結局利益のほとんどは本社のある外部に流れてしまうし、わずかな雇用を生み出すかもしれないが、既存の地場産業と結びつかず、また公害を垂れ流し、地域のためにならない。他方で、そのような開発方式に反対して、地域主義といって(たとえば玉野井芳郎、鶴見和子)、地域独自の伝統、自然、能力だけを使って自主的に発展すべきだ、という話がある。しかし、それでは先進のものとはなれず、いつまでも停滞したままになる。 そのような不毛な二律背反の議論を続けるよりも、答えは二つの道の中間にある、と考えたらどうだろうか。
倒産もリストラも怖くない 対談
「怖くない。逆にチャンスだ!」そう感じることができる例を紹介したいと思います。従業員が会社の資産を買い取って「協同組合」とする方法です。松本・松村の松松論考。(プラス片田さん・浅輪)
未来のエネルギーを独占しようとする人たち 浅輪剛博
一家に一台、太陽熱パネル。一グループに一台、風力発電、バイオマス(樹木、などの生物燃料)。でも原子力発電・・・? 私たちには扱えない、でっかい会社や役人が扱えるだけで、その人たちが儲かるだけ・・・。
流通業とその社会的所有 生井 勲
流通業のありとあらゆる財産は社会的なものである・・・・『資本論』第3巻よりこのインスピレーションを得た筆者は、ついにリクエストメイド(システム)の基盤を手中にした。個体的所有の実現をめざして、プロジェクト発足は目前!
商品交換、信用、アソシエーション 生井 勲
――マルクスを読んだことのない人のために、こんにち、マルクスのどこが問題なのかを、かんがえる――
「タマちゃんを食べる会」のこと 杉田俊介
朝日新聞(5・8)に、森達也さんの「タマちゃんを食べる会」というごく短いコラムが載っていた。知人の知人に北海道でトドを撃つ猟師がいる。彼に頼んで眉間に村田銃を一発。あとは河辺でバーベキューだ。そんな内容。加害の自覚を持ち続けること。本当は自分が「動物好き」であることを隠さない森氏が、人間と動物の関係をめぐって言い続けるのはそのことだ。肉食に限らない。ベジタリアンでさえ逃れられない「加害」が人間の日常生活にはある。
フェアトレードと情報公開 浅輪剛博
フェアトレードと情報公開に関してのメモ。
この二つはどう関係があるか。
現在の経済を組み替えていくときに根幹的な要素を成すと思います。
Humor for Freedom 浅谷龍彦

浅谷龍彦による月イチ企画 "Humor for Freedom"。

平和・反戦運動の責任 浅輪剛博

戦争を止められなかった。ここであきらめて、同じことをただ繰り返しているだけでいいのだろうか。平和を願う市民ができることはこうです。
  ●「戦争をしないと産業が成り立たない部分」には投資しない、働かない、買わない

  ●「戦争をすると産業が成り立たない」ように投資する、働く、買う。

セカイノカラクリ解決編2 『新しい働きの場』 浅輪剛博
儲けを社会に、消費者に還元する方法、権力の固定を作らない方法、そして、情報公開を進める、そんな「新しい働きの場」はこんな風に作られる。
おにぎり公開作戦−ピースを作っていこう 自由な平和グループ
ピース・ウォークに参加して「ボイコットフラッグ」を掲げるうちに、参加者の多くが、コンビニやマクドナルドで腹ごしらえをしていることに気付きました。この状況を何とかしたいと思い、「トランスコミック」+「水田トラスト」のメンバーで大崎のお店「楽」をたずねました。結論として、とりあえず30セットの「デモランチ」を作ることにしました。
悲しいほど選択肢が無いか? 浅輪剛博
「北朝鮮の脅威があるからブッシュ政権に頼らなければならない」という論調がある。本当にそうだろうか。むしろブッシュ政権に頼るから北朝鮮の脅威が生まれるのではないか。
もしも、あなたが “その企業” の社員だったとしても・・・ 木村五郎
〜「反戦ボイコット」は、いろんな会社で「給料」を受け取る人々がここでは「消費者」の立場で “意思表示” すること、以外のなにものでもないのです〜
ボイコットフラッグはGENERAL BOYCOTTのそよ風を呼ぶ 生井 勲
もし、イラク戦争についての共通理解があるとしたら、人の生命を理不尽に奪ったり、その結果地球というかけがえのない財産を蕩尽してはならないということです。(本文より抜粋)
石油パイプラインがつなぐ戦争の連鎖 浅輪剛博
石油、国際通貨、傀儡政権、そして戦争。イラク、イラン、サウジアラビア、北朝鮮を巡る戦争の歴史をふりかえると、いつも戦争には正当な理由などないのだと思わされます。
イラク戦争のいんちきな理由 マイケル・クレアー(ハンプシャー大学教授)
なぜ、こんな危機が生じてきたのか、アメリカ合衆国とイラクとの関係を軸に、少し歴史を振り返って見ましょう。そして、私達にどんなことが出来るのか、考えてみたいと思います。
屋久島発インナーネットソースより転載。掲載許可ありがとうございます)
セカイノカラクリ解決編 その1 『消費者の協同』 浅輪剛博
投資家ではなくて、事業に直接かかわっている個人個人が協同して事業設備を管理・保有していく。それが協同組合です。しかし単に事業をすれば普通の企業と変わらなくなってしまう。利潤を消費者に還元するべきだ。それが、ビアトリス・ポッターの考えでした。彼女の考えを現代において生かすにはどうしたらいいか。
米陸軍ロッキー少佐の証言 元陸軍少佐:ダグ・ロッキー
湾岸戦争に従軍したベテラン陸軍少佐ダグ・ロッキーは、イラク国内の戦闘で米軍兵士の安全を図る任務についた。そこで知った米兵とイラク一般市民双方への劣化ウランなどによる戦争被害の実態は、彼に「もう戦争ができる時代は終わった」と確信させるものだった。
ボイコットから遠く離れて 松本 治
「ボイコット」はとってもセンセーショナルに響く。それはどうしてなのか・・・。
レインメーカーは雨を降らせられなかった 浅輪剛博
フランシス・コッポラの映画作品「レインメーカー」から企業が負う「責任」の問題を考える。
有限責任とは何か? それは本当に責任を取れるのか? 必要な情報公開を進めることは出来るのか?
声の横断 攝津 正
マイノリティの「当事者」「本人」であるとは?「精神病」者、同性愛者として自己定義しようと自分に問いかけている筆者の声に耳をかたむけてみよう。
スターウォーズ エピソード2(+5) 浅輪剛博
映画スターウォーズにでてくるジェダイ騎士というのは、映画では正義を守る偉い人たちなのであるが、見方によっては、実はCIAかFBIのようなものである。
スターウォーズを題材に展開するネーションステート(国民国家)論。
Peace Choice−平和のための選択  
米・英の武力行使に反対するとき「本当に有効な手段」って何だろう?
街頭でデモをすることも大事だけど、戦争を起こそうとしている国の製品を買わない、「ボイコット」することは、それををやめさせるとても有効な手段だ。
ボイコットの運動には、「植民地支配」や「人種差別」、「核実験」をやめさせた歴史がある。
反戦デモ─対抗運動の青空教室 攝津 正
今、反戦デモに参加するって、どういうことかしら?
〜デモに出かけた人の声を読んでみてね。
小説『対抗運動』 飛弾五郎
飛弾ゴロウは・・・何者ダロウ。
対抗運動の火が燃え上がるとき、必ず彼の姿が目撃される。
「おいさん」と「舞ちゃん」はどこへ行くのか。
謎の「対抗運動家」、飛弾五郎が描くシュルレアル。
修理と倫理 木村五郎
「大量生産・大量消費はイケナイなんてわかってる!・・・でもホントはどうしていけないの?「修理好き」のゴロウさんの意見を聞いてみよう。キーワードは「つくろい つくろう 皆の衆!
パンクと堕落 P×D okma+ganpoe
パンク精神は倫理的。
okma+ganpoeによるパンク論。
脱 戦  
「自由を目的としてのみならず、手段としても用いよう。」
戦争がしたいか、したくないかの、選択の自由はあります。
新庄水田トラストより  
いま、現代の社会・経済へ向けて、農業フィールドから対抗する運動が模索され、力強く実践されています。「遺伝子組換え食物NO!」「遺伝子組換えイネNO!」のボイコット運動、またそれらを支える「大豆トラスト」「水田トラスト」の両運動。
山形県新庄で、「工業のエコ化」「工業の農業化」構想を持ち、「もみがらミネラル炭」を生産している農家の方達の動きを伝えます。

もみがら遠赤炭  
実践的な有機農法の実現を目指し、山形県最上地方の農業者が設立した法人「新庄最上有機農業者協会」(阿部昭雄代表)がこのほど、自家製造の「ミネラル炭」を使った土壌改良材と床下調整材を発売した。
月刊雑音 nemotor
自称『サラリーマンDJ』根本が月イチでお届けするプレイセット。ふいに祖母が訪ねてきたとき、友人が遊びに来たとき、あなたはどんな音でもてなすか。結婚式のDJを頼まれたら・・・。
根本の実体験に基づいた選曲
をお届けします。
家庭にDJが居たっていいじゃないか。

ご意見・ご感想はこちら

人気投票 感想BOX


[ HOME ]