[ ユーモア ]

別にユーモアがなければ自由がない訳じゃない。
でも逆にユーモアのあるところに精神の自由があるのは間違いない。
ユーモアは精神を自由にする方法の1つ。
ユーモアは自分の精神を解放するだけでなく、他者の精神も解放する。
ここではR&RやR&B、BLUES、POPSの中にあるユーモアや自由への欲求、 自由の別名である孤独への感覚などを気の向くまま紹介していきます。

文:浅谷龍彦

 "Walk On The Wild Side"

2003.5.3 


Walk On The Wild Side - Lou Reed (from album 'Transformer', 1972)

Holly came from Miami F.L.A.
hitch-hiked her way across the U.S.A.
Plucked her eyebrows on the way
shaved her leg and then he was a she She
says, hey babe, take a walk on the wild side
said, hey honey, take a walk on the wild side

この曲は、16才の時に聞いて以来ずっと好きな曲で、何度聞いても飽きることのない曲の1つ、そして歌詞がおもしろい。
この曲には5番まであり、それぞれ主人公が違う。
1番から、ホリー、キャンディー、リトル・ジョー、シュガー・プラム・フェアリー、そして最後がジャッキー。
彼女達?はそれぞれの人生を生きる。

ホリーはヒッチハイクの途中で眉毛を抜き、すね毛を剃ってアメリカを横断する間に女になり、キャンディーは娼婦でみんなの恋人。
リトルジョーは絶対ただではやらせない、がめつい男娼。
シュガープラムフェアリーはソウルフードを食べさせる場所を探した後、アポロシアターに行き、ジャッキーはジェームズ・ディーンのようにスピードの出し過ぎで事故で死ぬ。

彼女達?のちょっと変わった生き方、それは Wild Side。
彼女達?はそれぞれのやり方で、自分を肯定する。
良いか/悪いかなんて知ったこっちゃない。
やりたいか/やりたくないか。

彼女達?はあなたに囁く。
'Hey babe, take a walk on the wild side'

そして歌う。
'Doo、doo-doo、doo-doo、doo-doo-doo'
'Doo、doo-doo、doo-doo、doo-doo-doo'

さらに最近ではもう1人増えて6人になっている。
 参照 → http://www.loureed.org/new/index_lou.html

6人目の名前はジョージ。
「ジョージは軍隊に入りに行った。  
 いくらかの報酬を得て、家族を害から遠ざけ続けてる。  
 今、砂漠の中で石油を見張る、イラクを奪いとることを夢に。」


1 NEXT

ご意見・ご感想はこちら
人気投票 感想BOX


[ MusiQuest Home ]