[ 倫理的経済的 ]
 


 アソシエーター・トレーニング<1>

文:浅輪昌文o
よく、自分探し、という言葉を聞く。「自分」を探しにどこか外国にいく、というような話だ。でも、なんかおかしい。自分はここにいるのに、今まで行ったことの無いどこかほかの土地で自分が見つかる、というのも変だ。もちろん、僕はよく物をなくして自分で置いたとも思わないところで見つかったりするから、意外と行ったことも無いクアラルンプール辺りに僕がいるかもしれない。いるわけが無い。自分を探したいなら、今ここにいるのだから、ここで何かを始めたらいい

 どこかほかの土地に行ったなら、探すのは自分ではなくて、他人ではないだろうか。もちろん、そんな他人は、今まで自分が常識と思っていた物とぜんぜん違う行動や考えを示してくれたりする。そうすると自分の考えなんかはぶっ飛んでしまって、なんかぜんぜん違う自分になってしまったりする。ようするに「自分探し」と称して旅をしたときに、自分が探せるわけは無く、つまり「自分」を捨て去ってしまうのが、、というものだ。

 今すぐ自分を探したいなら、今ここで何かを始めたらいい。というか本当のところ、自分なんて探すものではない。探して見つかるのは、遺伝とかDNA情報、とかぐらいだろう。何かほかのものになっていく、というのが自分というものだ。何になっていくか、それはアソシエーターになるしかないだろう。つなげる、つながっていく人に。

 自分を探す旅、そんなことよりもっと大事なのは、そして面白いのは、今の自分を棄てていく旅だ。今ある自分ってのは、自由な自分ではない訳。ってのは、まあ、遺伝子、というだけでなく、周りの家庭や共同体で作られた常識に固められた自分なの。それでは本当に自由ではないよね。自分からいろんな人と組み合って創造的になっていくこと、それがいろんな人たちとの関係(アンサンブル)によって出来上がっていく「自分」を自由にしていく、ということ。

 自分を探す、なら自由になること。そのためには今までの常識で固められた固い殻をガチンと割ってくれるような経験に出会わなくちゃ。そんな常識外れの他人に会わなくちゃ。それは、もちろん外国に行ってもいいし、今ここで自由になろう、と動き出せばきっと今ここでも会える。

 いろんな人とあって、次から次へと自分の殻を打ち破っていくこと、こんなことが可能なためには、たくさんの人たちと結びつかないとね。でも、またそういう人たちと共同体(仲良し仲間)を作ってその中で固まってしまっては、新しい常識の殻に移った、というだけ。アソシエートとは、多様な個性の混在の中で、対立を脱構築――両者にとって有利となり、対立が友好に変わるように、創造的に根本的に組み替えてしまうこと――させること。そうやって、自由な個人の共同体をつくってく、ということ。仲良し仲間ではなく、異質な人たちが友好によって結ばれていて、だからその異質性の数多い出会いが創造性につながる、という「コミュニティ」。次から次へといろんな人と結び合っていくことが、社会のアンサンブルとしての個人の自由につながっていく。


1

ご意見・ご感想はこちら
人気投票 感想BOX


[ HOME ][ ESSAY ]