[ 緊急掲載 ]

なぜ、こんな危機が生じてきたのか、アメリカ合衆国とイラクとの関係を軸に、少し歴史を振り返って見ましょう。そして、私達にどんなことが出来るのか、考えてみたいと思います。
屋久島発インナーネットソースより抜粋。掲載許可ありがとうございます)


 イラク戦争のいんちきな理由 マイケル・クレアー(米・ハンプシャー大学教授)

- 中略 -

 イラクとその周辺国に民主主義を促進させる。

 サダム・フセインを追い出し、イラクに真の民主主義政府を誕生させれば、それは周辺のイスラム国家のいいお手本になり、理想の民主主義がアラブ世界まで波及するだろう・・・とブッシュ政権は主張する。
 しかし、イラクにあわてて戦争を仕掛ける理由として、民主主義の拡大をあげるブッシュ政権を信じる根拠は極めてうすい。

 事実をあげれば、ドナルド・ラムズフェルドやディック・チェニーを始めとする現政権のリーダーたちの多くは、1980年代には、フセインの独裁政治を喜んでサポートしていた。当時アメリカの最大の敵はイランだったので、イランと戦争をしていたフセインは、「敵のそのまた敵は味方である」という理由で、フセインを「事実上の友人」扱いしていたのだ。

 1980年から88年まで戦われたイラン・イラク戦争の間、レーガン・ブッシュ(父)政権は、イラクのフセイン政権にさまざまな援助を行っていた。
 レーガン政権の下では、イラクはテロ援助国家のリストから外され、アメリカは何億ドルという食料援助をフセイン政権に供与した。そして、この食料供与のグッドニュースを伝えるために派遣されたのが、他でもないラムズフェルド(現国防長官)だった。
 ラムズフェルドは1983年12月、レーガン大統領の特別代理としてバグダッドに行き、そこでフセイン大統領と会談しているのである。

 当時、米国防省はイラク政府に、イランの軍備配置に関する極秘のスパイ衛星写真を渡していた。1983年11月1日、アメリカ国務省の高官たちは、イラクがイラン軍に対して化学兵器を(ほとんど毎日)使用しており、アメリカが渡しているスパイ衛星写真が、イラク軍がイラン軍を極めて正確に攻撃するのに役立っている、という報告を受けたにもかかわらず、スパイ衛星写真をイラク政府に渡し続けていたのである。

 1989年に国防長官の椅子についたディック・チェニー(現副大統領)もまた、イラクのフセイン政府に極秘諜報資料を提供し続けた。
 チェニーにしてもラムズフェルドにしても、当時は一度たりとも化学兵器の使用に対して言及したことはなかったし、フセイン独裁政権援助をうち切ろうという助言もしたことはなかった。したがって、今のブッシュ政権がイラクの独裁政治を打ち倒そうとする政策を信ずる根拠は全くないのである。
 
 非民主的政治について付け足すなら、現ブッシュ政権は、ソビエト連邦崩壊後に生まれたアゼルバイジャン、カザフスタン、ウズベキスタンなどの専制独裁国家(これらの国々はスターリニスト独裁者によって統治されている)とは緊密な関係を結んでいる。
 また、アメリカのもう一つの親密な同盟国であるクェートやサウジアラビアは、民主主義とはまったくかけ離れた専制政治国家なのだ。

 こうしてみると、イラク攻撃には、別の動機が働いていると考えざるをえない。
 イラクをコントロールするということは、ペルシャ湾沿岸を支配下におくことであり、世界の石油供給量の大きな部分を思い通りにすることである。
 石油は富と力の源泉であり、歴史的にも人間は石油を求めて争いを繰り返してきたのだから、ブッシュ政権にとってイラクほどの美味しい賞品はないのだ。

 最初に示した3つの理由は正当化できなくても、イラクの石油をコントロールしたいという下心は、先制攻撃を始めるのに十分な動機となりえるだろう。もしそうだとしたら、ブッシュ大統領はこの隠された動機をアメリカ国民にちゃんと説明し、国民が本当にその手の戦争をしたいのかどうか、私たちに決めさせてほしいものである。

(訳・パンタ笛吹)


Bogus reasons for War on Iraqby Michael T. Klare
>From Boulder Weekly Feb 13, 2003 page 12
http://www.boulderweekly.com/archive/021303/coverstory.html

Mr. Michael T. Klare is a professor of peace and world security studies at Hampshire College in Amherst, Mass,.
mklare@hampshire.edu

Translation and Japanese distribution of this message is permitted by Professor Michael T. Klare on March 11, 2003


ご意見・ご感想はこちら
人気投票 感想BOX

[ HOME ]